北海道北見市の社労士・行政書士事務所
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • その他

その他

ミスド過労死で経営会社を提訴

三重県内のドーナツチェーン「ミスタードーナツ」で、店長をしていた男性(当時50歳)が死亡したのは長時間の残業が原因だとして、遺族が店舗を経営する製菓会社「竹屋」(同県四日市市)と社長らを相手取り、約9500万円の損害賠償 …

九州電力、年金・退職金を3割減に見直す方針で労組と協議へ

九州電力が、社員の退職金と企業年金制度について見直しを行ない、給付水準を引き下げる方針を労働組合に伝えていることが6月7日、分かりました。給付額についてそれぞれ最大3割程度引き下げの方向で、2015年4月から実施する見通 …

長崎県脱法行為:臨時職員1か月ごとに雇用主変更

長崎県庁の同じ課で6年7か月間続けて仕事していた元臨時職員の40代の女性が「名目上の雇用主が県や外郭団体に短期間で変わったため、社会保険に加入できなかった」として、県に退職手当や損害賠償など約420万円を求める訴えを長崎 …

九工大教授パワハラで停職7日の処分

九州工業大は20日、同大学院工学研究院の50代男性教授が男性職員2人にパワーハラスメント行為をしたとして、停職7日の懲戒処分にしたと発表しました。 発表によりますと、教授は昨年4月10日頃、男性職員の業務が滞っていると、 …

国民年金保険料の強制徴収の結果

「国民年金保険料の強制徴収の取組強化」の結果について 日本年金機構では、厚生労働省の専門委員会が平成 25 年 12 月 13 日に取りまとめた年金保険料の徴収体制強化等に関する報告書の趣旨を踏まえつつ、平成 26 年 …

配偶者控除見直しスタート 政府税制調査会

政府税制調査会(首相の諮問機関)は5月9日、専業主婦の妻がいる家庭の税負担を軽くする配偶者控除の廃止・縮小に向けた検討が始まりました。 配偶者控除は、専業主婦世帯が大半だった1961年に導入されました。主婦が年収103万 …

配偶者控除、見直し議論開始へ―政府税制調査会

4月14日の総会で、政府税制調査会は「配偶者控除」の見直しに向けた議論を開始しました。この議論は、安倍晋三首相が「配偶者控除」が女性の就労拡大の妨げになっているとして見直しを指示したことを受けたものです。  現行の配偶者 …

人間ドック学会など新基準値公表

産経デジタルによると 男性の中性脂肪、高くても「健康」 人間ドック学会など新基準値公表 人間ドックの血液検査で「健康」の基準とされる値について、日本人間ドック学会などが作る専門家委員会(委員長・渡辺清明慶応大名誉教授)は …

失踪宣告を受けた者の死亡一時金の請求期間の取扱い変更

失踪宣告を受けた者に係る消滅時効の起算日については、死亡とみなされた日(原則失踪の7年後)の翌日としているところですが、死亡一時金については、いわゆる掛け捨て防止という制度の趣旨を踏まえ、 失踪宣告の審判の確定日の翌日か …

« 1 6 7 8

関連サイト

つなぐ~相続・遺言相談所

外部リンク

北見市
日本年金機構
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.